本日 1760 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1825845 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

大雪山系旭岳で積雪

 先ごろ、初冠雪を観測した旭岳で、昨日は積雪となったようです。

 NHKによると、

 北海道の最高峰、標高2291メートルの大雪山系の旭岳で28日に雪が降り、中腹にあるロープウエーの駅周辺では今シーズン初めて本格的に雪が積もりました。

 旭岳でロープウエーを運行する会社によりますと、標高およそ1600メートルの5合目にあるロープウエーの駅周辺では、28日午前中に降りだした雨が、午後になって雪に変わりました。午後4時現在、2センチから3センチの雪が積もっているということです。
 
 会社によりますと、5合目で本格的に雪が積もるのは今シーズン初めてです。5合目に設置してあるNHKのカメラでは、近くにある「姿見の池」に向かう遊歩道などに雪が積もり、一面真っ白になっている様子が確認できました。

 ロープウエーの運行会社は「観光客の皆さんはこの時期に雪を見ることができて驚いていました」と話していました。

 旭川地方気象台によりますと、北海道付近には寒冷前線の通過に伴って強い寒気が入り込んでいて、山間部などでは、しばらく雪が降りやすい状態が続くということです。


 以上


 旭岳の初冠雪は9月16日でしたが、例年より9日早く、昨年より3日早いとのことです。

 今ちょうど紅葉も見頃のようですから、雪と紅葉のコントラストもいいのではないでしょうか。

 ただ、北海道の山に雪が降るとということは、信州の山岳、特に高山はいつ降ってもおかしくないということです。

 防寒、防雪対策をして山歩きをする時期となったようです。
 皆さん、備えを怠りなく安元登山に心がけてください!


関連記事
御嶽山ビジターセンター建設へ (10月31日)
国体山岳競技三連覇の笠原・中嶋組にスポーツ栄誉賞 (12月10日)
待望の「信州山歩き地図Ⅳ」発刊 (07月16日)
「きのこ中毒予防月間」始まる (09月20日)
焼岳上高地登山道冬期閉鎖へ (10月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):