本日 1133 人 - 昨日 3196 人 - 累計 2489683 人
  • 記事検索

RSS

白馬岳4人遭難死のガイド再び有罪

 2006年(平成16年)、白馬岳でツアー登山の客4人が死亡した遭難事故をめぐる裁判の控訴審で、業務上過失致死罪に問われた福岡県の57歳のガイドの男性が、1審に続き再び有罪判決を受けました。

 この遭難事故は、2006年10月7日、福岡県と熊本県から参加したツアー客の女性5人と男女のガイド2人の合計7人のパーティーが、北アルプス白馬岳稜線でブリザードにあい、低体温症で女性4名が亡くなったもの。

 このツアーは、福岡県の登山用品専門店が募集したツアーで、当時48歳の男性ガイドと42歳の女性サブガイドが同行、助かったのはこのガイド2人と60代女性のみだった。

 ツアー客の登山経験は豊富だったというが、冬山の装備はなく、持っていたのはフリースと雨具だったという。ツエルトは強風で飛ばされて使用できなかったという。


 裁判の争点は「天候の悪化を予測できたかどうか」という点で、被告のガイドの男性は「予測は不可能だった」と無罪を主張していた。

 ガイドの男性は、今年4月、1審の長野地裁松本支部から、禁錮3執行猶予5年の判決を言い渡され、控訴していた。

 昨日(10/30)、2審の控訴審判決が東京高裁から出され、1審に続き、禁錮3年執行猶予5年の判決が言い渡された。


 東京高裁の藤井敏明裁判長は、「通常のガイドであれば当時の気象状況をもとに強風や吹雪を予想することは可能で、天候の悪化に対して楽観的すぎる判断をしていた」と指摘。

 その上で、「有料のツアーは、自分の責任で行う通常の登山とは異なり、ガイドに依存するところが大きいと考えられるが、服装の指示や確認も不十分だった」と付け加えたとNHKなどが伝えている。


 確かに、一般論として裁判長のこの指摘は正しいのではないか。

 同様にガイドの天候判断が間違っていたと言われる遭難事故に、2009年7月に北海道大雪山系トムラウシ山で起きた大量遭難がある。


 悪天候に見舞われ、リーダー格のツアーガイドを含む登山者8名が低体温症で死亡した事故で、夏山の山岳遭難事故としては、他に類をみない惨事となったもの。


 この遭難事故では、所属会員のガイドが引率していたことから、日本山岳ガイド協会が綿密な検証の上、報告書をまとめているので機会があったら読んでほしい。

 この報告書で本遭難事故は、「一義的にはリーダーをはじめガイ ド・スタッフの判断ミスによる『気象遭難』と言えるだろう。」と結論付けている。

 生存したツアー参加者の64歳女性の話しとして、 「主人から電話があり『こんな日でも行くんか?』と言われたが、『それはプロであるアミューズ(ツアー企画社)のガイドが判断すること。それが分かるようなら、いつも独りで行くわ』と答えた」と紹介している。

 これがツアー参加者が普通に思っていることではないか。「なぜ有料のツアーに参加するのか」、あるいは「ベテランのリーダーのいるグループ登山に参加するのか」と言えば、安全に山に登れると思うからではないか。


 もう一つ、両方の遭難の共通点は装備、服装などの点であろう。

 寄集めのツアーでは、参加者の能力や装備もバラバラで、実際どこまでリーダーが掌握できているかわからない。

 グループ登山でも、ある程度の装備について指示をしても、高校山岳部のように荷物検査をしてまで確認しているわけではないから、装備にはばらつきがあるだろう。


 この二つの遭難事故でも、装備や服装などの不備から、グループ内の一人が低体温症などで行動不能になったことにより、全体の行動計画に狂いが生じたり、その者をかばうことにより体力が奪われ、全体のリスクが高まったといえる。

 1人の服装の不備が、糸がほころびるように全体のバランスを崩してしまうことだ。
 
 ツアーのリーダーの絶対的な権限とともに、メンバーは全体の統率を乱さないための自覚が必要であろう。特に装備、服装は生死にかかわるもので看過できないものだ。


 当裁判に関する関連ブログはこちら
 ★2015年03月02日遭難事故のガイドに禁固3年求刑
 ★2015年04月21日白馬岳四人死亡のガイドに有罪判決
 ★2015年04月25日有罪判決の登山ガイドが控訴 白馬岳遭難
 


関連記事
続報 慶大山岳部遭難事故 (12月23日)
富士山ヘリ救助事故訴訟 (07月27日)
五竜岳で心肺停止の男性発見 (05月27日)
長野県警が山岳救助訓練を実施 (04月25日)
中央遭対協が「冬山登山の警告」 (12月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):