本日 1044 人 - 昨日 2382 人 - 累計 2394519 人
  • 記事検索

RSS

阿蘇山が噴火 噴煙二千メートル

 熊本県の阿蘇山・中岳の第1火口で噴火が発生し、噴煙は2000mに達し、60km離れた福岡県筑後市でも降灰が確認されました。

 気象庁の発表によると、

 阿蘇山・中岳第一火口では、本日(14日)9時43分に噴火が発生した。
噴火に伴い、火口から弾道を描いて飛散する大きな噴石を確認。
噴煙は火口縁上2000mまで上がった。

 今後も同程度の噴火が発生し、弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から1km以上に飛散する可能性がある。

 このため、噴火警戒レベルを3に引き上げ、以下の市町村では、火口周辺で入山規制などの警戒を要請。
熊本県:阿蘇市、高森町、南阿蘇村

 火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒を促している。
 風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石にも注意が必要だという。


関連記事
ライチョウの敵カラス (06月15日)
上高地新しい遊歩道完成 (08月11日)
ぐずついた天気山は見えず (10月14日)
信州の元旦は雪 (12月31日)
雪道の安全走行のために (12月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):