本日 1551 人 - 昨日 2675 人 - 累計 1972342 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北岳稜線より下は携帯電源を切って

 南アルプス市が北岳の稜線より下では、携帯電話の電源を切るよう要請しています。

 南アルプスの北岳の広河原に、今年度より、ドコモの緊急用携帯アンテナが設置されました。

 このアンテナは緊急用の30回線程度しか使用できないため、登山者が全員が電源を入れると、遭難事故等などの緊急時の通話が出来なくなってしまうという。

 このため、南アルプス市では、稜線から下部では、携帯電話の電源を切るようお願いしている。

 なお、稜線から上は、この緊急用アンテナの電波ではなく、長野県側や甲府方面からの電波を広い通話ができので問題ないため、使用しても構わないという。


《携帯電話の電源を切ってほしいルート》
・広河原~小太郎尾根間(右俣、草すべりを登りきったところまでの間)
・広河原~八本歯のコル間


 北岳では、9月4日にも78歳の男性が山頂付近で滑落し亡くなっています。先月末にも岩登りに行った女性が行方不明となったままです。

 このような遭難も発生していることですから、登山者の皆さん、ご協力よろしくお願いします。


関連記事
登山に役立つ医療の知識 (06月19日)
穂高連峰は雪化粧 (06月03日)
山岳フォーラム2015 (09月06日)
御嶽山9合目まで入山可能に (09月15日)
登山口でOS-1を配布 (08月09日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):