本日 2123 人 - 昨日 1892 人 - 累計 1823937 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

学習院大八ヶ岳遭難事故報告まとまる

 今年2月に遭難した学習院大学輔仁会山岳部の八ヶ岳連峰阿弥陀岳遭難事故最終報告書が提出されました。

 平成27年2月11日、八ヶ岳連峰阿弥陀岳で遭難し男女二人の学生が亡くなった事故について、学習院大学山岳部が中心となり検証を進め、事故原因と今後の事故防止対策をまとめた最終報告書が、大学に提出された。

 大学はこの最終報告書を受理し、山岳部の活動停止命令を年8月12日付で解除したという。

 活動再開にあたっては、最終報告書に記載された事故防止対策の実施状況を、定期的に大学へ報告することを義務付けられた。

 改めて、若い学生のご冥福をお祈りします。

 
 なお、当時の遭難に関するブログはこちら
八ヶ岳で学習院大パーティー遭難か
学習院大の二人は雪の中から発見
学習院大しっかり遭難事故を検証すると
学習院大山岳部 無期限活動停止


関連記事
消防ヘリ殉職者合同追悼式が行われました (05月31日)
富士山冬期事故多発で注意喚起 (12月22日)
奥穂高岳で男性滑落か (08月21日)
島根県土木部長が遭難か (10月11日)
ジャンダルム滑落男性収容 (05月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):