本日 44 人 - 昨日 2705 人 - 累計 2328762 人
  • 記事検索

RSS

嬬恋村から「消えた硫黄鉱山」

img004 嬬恋村に存在した硫黄鉱山を紹介する企画展「消えた硫黄鉱山」展が、嬬恋村郷土資料館で開催中です。

 かつて群馬県嬬恋村には、小串、吾妻、石津の三つの硫黄鉱山があった。同村には豊かな硫黄鉱床があったため、特産として、同村の産業を支えてきた。

 全盛期の昭和35年には、鉱山人口が3500人余りを数えたという。今の人口が1万人弱ですから、かなりのウエートを占めていたことになる。

IMGP0953 長野県境にある小串鉱山跡には、当時硫黄を運搬したと思われるリフトの鉄塔が残り、往時の鉱山を偲ばせる。(写真右参照)

 この企画展は、次のとおり開催されている。浅間連峰に登山した後は、ちょっと足を延ばし見学してほしい。

 展示が行われている郷土館の隣には、浅間山の天明の大噴火で生死を分けたことで有名な、鎌原観音堂もあるので、併せて訪ねてほしい。
(2016.6.12付けブログ参照浅間山大噴火 生死を分けた15段

【展示期間】平成27年10月25日(日)まで
【展示場所】嬬恋村郷土資料館(群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原494)
      (電話0279-97-3405)
【入 館 料】大人300円 小中学生150円
【休 館 日】水曜日
【開館時間】9:00~16:30



関連記事
尾瀬入山者増加前年より増加 (01月22日)
信州の師走はかなり高温か (12月05日)
今朝の信州冷え込む (09月29日)
野辺山で氷点下19.2度 (01月24日)
焼岳小屋建替えへ (09月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):