本日 3830 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2910217 人
  • 記事検索

RSS

北ア夏山常駐隊 明日任期満了

 北アルプス夏山常駐パトロール隊は、明日任期を向かえ解隊式が行われます。

 北アルプスで登山者の山岳遭難事故防止や遭難者の救助活動を行ってきた「夏山常駐パトロール隊」の任期が、明日8月31日で終わる。

 
 「夏山常駐パトロール隊」は、長野県山岳遭難防止対策協会が夏山シーズンの北アルプス一帯での山岳遭難事故防止のため設置し、登山者指導、山岳パトロールや遭難事故発生時の救助活動等を行っているもの。

 隊員は、北アルプス北部(後立山連峰)に16名、北アルプス南部(槍・穂高連峰)15名の計31名を配置。
 任意は、平成27年7月13日(月)から8月31日(月)まで50日間。


 解隊式は、平成27年8月31日(月)16時から、大町警察署で行われます。

 今年も多数の遭難事故が発生し、彼らの出番も多くなった。
 一番の目的は遭難防止活動ということ。その点では、苦い思いもしたことであしょう。

 また、天候の不良から救助ヘリが飛べない時には、背負い救助も散見されました。本当に大変なこと。

 これからも違った形で、信州の登山者の安全確保のためご活躍ください。
 お疲れ様でした。


関連記事
山岳遭難の実態から学ぶもの (07月12日)
JMSCAでスタッフを募集してます (02月22日)
毛無峠と小串鉱山 (02月05日)
Mt.IWATAKE1289m (02月12日)
南アバス北沢峠まで開通 (06月10日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):