本日 28 人 - 昨日 3094 人 - 累計 1644680 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

週末の北アけが人続発

 この週末、北アルプスで4人が負傷し救助された。

 信濃毎日新聞によると、

 8月22日・23日、北アルプスで転倒により、4人が負傷した。

 22日午前11時5分頃、白馬岳馬の背では、大阪市の53歳男性が下山中に右足首を捻挫した。

 午後1時50分頃には、唐松岳から五竜岳へ向かっていた富山市の75歳女性が転んで頭部裂傷を負った。

 二人とも近くに山小屋に運ばれ、天候が回復した翌日に23日朝に長野県警のへりで救助された。

 
 23日午前9時半頃、燕岳の富士見ベンチ付近で、東京都の43歳女性が右足を負傷した。
 北ア南部遭対協隊員が背負って登山口まで運んだ。

 10時20分頃、小蓮華山から白馬大池に下っていた埼玉県の75歳男性が右足を負傷した。

 この二人は、捻挫をしたと思われ、長野県警のヘリで救助された。

 いずれの案件も、軽傷で済み不幸中の幸いでした。
 23日は、天候が回復し、ヘリが飛べて良かったですね。


関連記事
高山村でまた遭難発生 (06月20日)
富士山で滑落の救助隊員ら2人救出 (04月22日)
スノボーでまた遭難 野沢温泉 (01月22日)
北ア間ノ岳で不明男性発見 (08月02日)
野田賢さんのこと (03月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):