本日 290 人 - 昨日 3501 人 - 累計 2482308 人
  • 記事検索

RSS

奥穂高岳で男性滑落か

北アルプスの奥穂高岳で、倒れている男性を、長野県警のヘリが発見しました。

 信濃毎日新聞や信越放送などによると、

 8月20日、北アルプスの奥穂高岳の標高2900mのコブ沢付近の急斜面で、倒れている男性を長野県警のヘリが発見した。

 その後、男性の死亡が確認された。

警察は、亡くなったのは、今月13日から単独で西穂高岳などに登り、行方不明となっている香川県高松市の51歳会社員とみて調べている。


関連記事
マッキンリーで日本人死亡 (06月17日)
野沢温泉村遭難費用30万円請求 (01月24日)
男性が救助された「大芝山」 (05月16日)
富士山遭難多発で警告 (12月08日)
北ア蝶ヶ岳で滑落相次ぐ (05月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2015/08/22 21:40
 身元は高松市の51歳男性と判明しております。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):