本日 917 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2907304 人
  • 記事検索

RSS

黒部川上ノ廊下で滑落か

後立山連峰と黒部湖 黒部川の上ノ廊下で男性の遺体が発見されました。

 信濃毎日新聞によると、

 8月12日朝、黒部川上ノ廊下(かみのろうか)の標高1550m付近で、岩の上に倒れている男性を登山者が発見された。
 
 富山県警により、身元は長野県伊那市の44歳男性とわかった。死因は、外傷性ショックとのこと。

 男性は、沢登り中に転落したとみられる。


 上ノ廊下は、黒部渓谷の黒部湖より上流部のことで、沢登りをする者にとって憧れの場所だという。
 しかし、沢を遡行するのは、何ヶ所もの渡渉と泳ぎ、高度なヘツリが必要で、強靭な肉体と精神力がなければ遡行できないと言われる。

 下流ほど水量が多いため、流れに負けない渡渉力が必要とされる。

 この難所を果敢にも単独で挑んだのか。結果としては、この冒険は成功しなかったことになる。
 
 故人のご冥福をお祈りします。


 ※写真は、黒部湖と後立山連峰。


関連記事
阿弥陀岳下山中に80代遭難 (09月30日)
阿弥陀岳女子高生滑落事故の詳細 (03月09日)
男性はどの山に登ったか不明 (05月18日)
高山村ネマガリダケ遭難3件目 (06月27日)
唐松岳頂上山荘で相次いでけが (07月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):