本日 4151 人 - 昨日 4799 人 - 累計 2764839 人
  • 記事検索

RSS

夏ミョウガの花が咲く

ato 夏ミョウガの季節となりました。

 八月中旬ごろまでにとれるミョウガは夏ミョウガです。
 秋ミョウガよりやや小ぶりですが、ざる蕎麦や冷麦の薬味にはかかせません。
 冷奴にもいいです。

IMGP6445 ミョウガもちょっと油断すると花が咲いてしまいます。(写真の白いのがミョウガの花)
 花が咲くと味が落ちてしまうと言われますが、それほど違いはわからないです。
 しかし、農家では花の咲いたミョウガは出荷できないようです。

 ミョウガを食べると、物忘れがひどくなると言う人もいますが、これは迷信のようです。

 逆に、ミョウガの香り成分には、集中力を増す効果があることが判明してしています。
 また、窒素とカリウム、さらに植物繊維が多く含まれているそうです。
 まさに、この暑い夏を乗り切る食材ですね。


関連記事
冬山登山相談所設置 (12月30日)
信州の春は近づいたか (02月22日)
志賀高原の紅葉の様子 (10月07日)
今年一番の大雪 (02月08日)
野沢菜漬かりました (12月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):