本日 290 人 - 昨日 3501 人 - 累計 2482308 人
  • 記事検索

RSS

上杉謙信の春日山城と神社

DSC_4557 戦国時代の名将上杉謙信の居城、春日山城跡を訪ねました。

 上越市の妙高はねうまラインの「春日山駅」の西方、北陸自動車道の北に、ちょっと小高いお山があります。

 標高189mの春日山です。
 ここには戦国の武将上杉謙信が本拠地とした春日山城が築かれました。

 築城の時期についてはよくわかっていないようですが、約600年前の南北朝時代には既に存在していたとのこと。

 春日山の山腹には、謙信公を祭神に祀った春日山神社があります。


 境内には、戦国時代の衣装をまとった人がうろうろしています。案内でもしてくれるのでしょうか。それとも日光江戸村のように突然何かが始まるでしょうか。

DSC_4545 春日神社は、明治34年(1901年)に、童話作家の小川未明の父小川澄晴によって創建されたといいます。

 石の鳥居の先に、神明造の社殿があります。謙信公ゆかりの神社にしては、とりわけて大きいものでもない。どこにでもあるような神社である。

DSC_4555
 初詣でなどは大変賑わうようですが、夏のこの時期は観光客もまばらで閑散としていました。駐車場の土産店も今日はそれほど売上がないことでしょう。

 境内の入口まで、車でこれてしまうのですから、信州人も海水浴の帰りには一度は寄ってみませんか。
 少し歩いて春日山山頂まで登れば、上越の街並みが下界に広がります。


 ※一番上に写真の石垣の上に謙信がいます。わかりますか。


関連記事
日本百名山「金峰山」に田部井さんと登る! (05月31日)
長野県登山安全条例が成立 (12月11日)
学校登山における生徒の意識 (05月21日)
野沢温泉スキー場グランドOPEN (12月16日)
立山室堂は積雪56センチ (11月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):