本日 1955 人 - 昨日 2963 人 - 累計 2212797 人
  • 記事検索

RSS

西穂高岳で男性が滑落し亡くなる

 北アルプスの西穂高岳で、兵庫県の男性が遺体で発見されました。

 信濃毎日新聞などによると、

 8月4日、西穂高岳の近くの尾根長野県側に約100m下の沢筋で、倒れている男性を捜索中の長野県警のヘリが発見しました。

 男性は、兵庫県姫路市の54歳の男性で、7月29日から単独で西穂高岳に入山しましたが、今月1日の下山予定日を過ぎても戻らなかったことから、2日に親族が警察に届け出ていた。

 死因は頸椎損傷だったという。
 警察では、稜線を歩いていて誤って滑落したとみている。ご冥福をお祈りします。


 本格的な夏山シーズンをむかえ、滑落事故が増加しています。自分の技術、体力にあった山行で、判断を間違わないようにしましょう。


関連記事
涸沢岳で青年滑落 (10月22日)
焼岳で男性病死か (07月25日)
戸隠で不明女性発見も (11月25日)
スキー国体予選の審判重体 (01月28日)
南アで雪崩調査員が滑落 (02月05日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):